燃料とシステム、サイズによって分けられる!給湯器の種類

使う熱源によって分類できます

給湯器を種類分けする方法のひとつが、熱源によるものです。ガスを使用したタイプは、全国CMでお馴染みなので誰もが知ってますよね。高火力による安定した給湯力には定評があり、日本全国に隈無く普及しています。もうひとつが電気を使用したタイプで、主にオール電化住宅で採用されています。電気代が安くなる深夜にまとめてお湯を作り、それを一日かけて使い切る仕組みの製品がほとんどです。北海道などの寒冷地においては、灯油を使用するタイプが主力です。他と比べて臭いが発生することが難点ですが、安価に大量のお湯を生み出すことが出来ます。

システムによって分類できます

給湯器を種類分けする方法として、システムによるものを挙げられます。ひとつは瞬間式と呼ばれるもので、水が流れる細いパイプをバーナーなどで加熱することで、瞬時にお湯を生み出す仕組みを持ちます。使いたい時にすぐお湯を生み出せますが、一度に大量のお湯を作れないことが欠点と言えるでしょう。もうひとつは貯湯式と呼ばれるもので、燃料代が安くなる深夜に大量のお湯を作り、保温性能に優れたタンクに溜めておき、その都度使います。一日に使用する量が安定していて、費用を計算しやすいことがメリットですが、使い切ってしまうと再びお湯を作るのに時間がかかってしまうことが欠点です。

サイズによっても分けられます

給湯器は、サイズによっても分けることが出来ます。一番小さいものは、台所に備え付ける瞬間ガス湯沸かし器がお馴染みでしょう。単身世帯から、大家族まで幅広いニーズに応えている一番身近な給湯器だと言えます。中型の代表格が風呂釜給湯器です。浴槽やシャワー用のお湯を供給する能力を持ち、これも殆どの家庭に導入されていることが特徴です。最も大規模な給湯器は、床全体にパイプを張り巡らせており、床暖房まで可能とします。いずれにせよ、家庭の規模に合わせた適当なサイズの製品を選ぶことが大切です。

給湯器の相模原の業者にお世話になるにあたり、複数の業者の具体的なサービスの良しあしを比較してみることが良いでしょう。