節約しすぎに注意!うまく行えば安い結婚式も可能

自作アイテムで準備をする

結婚式をするために式場に行くと、いろいろとプランを出してもらえます。すべて式場の方が行ってくれることもあり、忙しい二人にはありがたいかもしれません。ただ、その分費用は高くなります。少しでも安くしようとするなら、自分でできることは自分でするようにしてみましょう。簡単なこととしては、招待状の作成、ウェルカムボードの作成、各テーブルのお花のの用意なども自分で行える場合があります。ホテルなどで準備するより、安い業者を選ぶと安くなることもありますよ。

日程選びで安くできる

結婚式にはシーズンがあります。11月が人気とされていて、5月なども人気です。ジューンブライドといわれているので6月に人気が集中するように感じますが、日本は梅雨になります。どちらかといえば6月はオフシーズンです。結婚式をできるだけ安くしたいなら、日程をうまく選ぶとよいとされます。シーズンを避け、土日や祝日を避け、大安を避けます。すべてがそろっている火に比べると、まったく同じプランでもかなり安く行える場合がありますよ。

節約するところとかけるところを見極める

結婚式は、二人にとって一生に一度の儀式です。また、互いの家族にとっても大切な儀式になります。終わった後にいい結婚式と感じてもらえて成功できたといえるでしょう。お金があまりない場合、どんどん節約をしてしまうことがあります。するとどうしても安っぽい部分が見えてきて、結果としてあまり良く見えないことがあります。安くする場合は、見えない部分で努力をします。ドレスや写真などはある程度節約ができます。食事などは見える部分なのでしっかりお金をかけるといいかもしれませんね。

結婚式を安くする方法はいくつかあります。人気のない月や仏滅など、また式場選びや内容でとても差があります。