結婚式での、恥ずかしくないおよばれマナー

ファッションは華美すぎず、地味すぎず

仲の良い友人や会社の同僚や親族の結婚式に、もし呼ばれたら…そんな時はまずはファッションマナーが大切です。まずは、あくまで主役は新婦ですが、あまりにも地味すぎると新婦の顔を潰してしまうこともありますので、適度な華やかさは保った方が良いでしょう。しかし肌の露出のしすぎは禁物です。ヘアスタイルについては、アップにしたり髪飾りをつけたりと、工夫をするとより素敵になるでしょう。基本的なマナーですが白いドレスはNGです。

ご祝儀の相場を知っておく

招待状を「出席」にした後、さてご祝儀はどうしましょう…と思う方がほとんどだと思います。親しさの度合いや、自分の身分(学生か社会人か、または新郎新婦より年上か年下かなど)によって変化させると良いでしょう。親族以外の場合は、平均的に3万円程度とされています。2万や4万などの偶数は「割れる」と言って嫌われますが、5千円と組み合わせるなどして、お札の枚数が割れる数にならなければ大丈夫です。ご祝儀袋も、内容と合ったものを選ぶようにするとスマートです。

結婚祝いはどのように渡すのがスマートか

結婚のお祝いを渡したいと思った時、みなさんはどのようにするでしょうか。実はこれにもマナーがあるのです。まずは金額ですが、友人であれば1~2万円ほど、親族であれば3~4万円ほどの品物が平均的です。渡すタイミングにつきましては、式の1週間ほど前に手紙などを添えて新郎新婦の家に送るのがマナーです。当日に渡されても困りますものね。ちなみに、ガラス製品やハサミなどの「割れる」「切れる」という言葉を連想するものは避けた方が良いでしょう。

幻想的な空間で挙式をするのであれば鶴岡八幡宮で結婚式をしましょう。神社の周辺で結婚式ができるのでとても魅力的です。