こんな指輪は絶対嫌だ!?結婚指輪購入の失敗例

あまりにもセンスの無さ過ぎる結婚指輪

人生の一大イベントの結婚。特に女性の結婚に対する憧れや希望はとても大きいもののように感じます。そんな結婚を象徴するものが結婚指輪ですよね。結婚生活が始まれば、結婚指輪は毎日薬指にはめておくもの。そんな結婚指輪が絶望的なセンスのなさなら、毎日はめておくのも嫌になりますよね。特に女性の結婚指輪に対する思い入れは並大抵のものではないでしょう。ダサい結婚指輪でその後の結婚生活を棒に振るくらいなら、夫婦そろって納得のいくものを購入しましょう。

サイズが合わない結婚指輪

もし渡された結婚指輪のサイズが違っていて、ぶかぶかだったり、小さすぎて指にはまらなければ皆さんどうしますか。笑い飛ばすことの出来る人もいれば、100年の恋も一気に冷めてしまう方もいるでしょう。そもそも、何を基準に購入したのか問い詰めたくなりますよね。そんなピンチを招いたとしても、大丈夫。永久サイズ直し無料の専門店もありますので、万が一サイズが違っていても、無料でリサイズしてもらえるわけです。サイズを間違った時の言い訳にも良いかもしれませんね。

身分に不釣合いな程の高級指輪

結婚指輪といえば、結婚生活を象徴するもの。また、結婚している証というものです。そんな大切なものだからこそ、あまりにも安いものや、あまりにもダサいものはご法度だと思いますが、しかし、身分に不釣合いな程の高級なものもご法度ではないでしょうか。万が一、相手がそこまで高級な結婚指輪を購入してくれば、金銭感覚が自分とはずれているかもしれませんし、今後の結婚生活の経済面で不安しか残らないですよね。やはり、お互い納得の指輪を一緒に購入しにいくべきですよね。

結婚指輪は金額よりもサプライズ演出のほうが女性はうれしいものです。だから渡すときにプロポーズをしたりするといいですね。